上手にカードローンを使いこなそう〜ローン達人になろう〜

クレジットカード

金利が低い

銀行カードローンは、他のカードローンよりも低金利というメリットがあります。そのため、総返済額も抑えることができます。ただ、その分審査が厳しくなってしまうので注意が必要です。

詳しく見る

クレジットカード

初心者必見の情報

キャッシングはお金がすぐ必要な時に活用されるサービスの1つになります。すぐ現金が手に入る点は評価できるでしょう。また、見逃せないポイントもいくつかありますので注目しましょう。

詳しく見る

マンション

肩代わりは住宅

不動産担保ローンはざっくりいうと自宅や土地を使って融資を行なう方法になります。また不動産担保ローンを使うことで大口の借入が可能になる点も魅力でしょう。大きな買い物をする時に利用されています。

詳しく見る

借り入れを一本化する

紙幣

融資を受けるためには、保証人を準備したり、担保を準備したりする必要があるため、時間と手間がかかってしまいます。しかし、カードローンの場合は、保証人も担保を準備することなく融資を受けることができます。また、一度審査に取ってカードを作ることができれば、審査を受けずに何度も融資を受けられます。その手軽さからカードローンを利用している人も多いです。ただ、金利が高いという注意点もあるので、カードローンを利用する際はしっかり考える必要があります。カードローンの活用方法として、借入金の一本化があります。複数の金融機関から融資を受けてしまうと、返済金額が大きくなってしまいますし、返済する回数も多くなるので負担になってしまいます。カードローンに一本化することによって、返済の回数が月に1回だけで済むので負担を減らすことができます。また、複数の業者から融資を受けるよりも、低金利な借り入れをすることで返済額を少なくすることができます。

銀行系のカードローンのメリットは金利が低いことですが、審査に時間がかかってしまいます。それに対して、消費者金融のカードローンは、即日発行してくれるところもあります。そのため、急いでいるときには消費者金融のカードローンを選んだほうが良いです。カードローンを選ぶポイントとして重要なのは金利ですが、すぐに借りたいのに銀行カードローンを選んでしまっては意味がないので注意が必要です。返済方法でカードローンを選ぶという方法もあります。アドオン方式と元利金等方式がありますが、金利計算の方法が変われば、支払い金利も変わってきます。アドオン方式の場合は、借りた金額に金利が掛かる計算方式で、元利金等方式は、その時点の残高に金利がかかるというものです。そのため、最終的には元利金等方式のほうが支払い金利は低いのです。