上手にカードローンを使いこなそう〜ローン達人になろう〜

金利が低い

クレジットカード

いざというときに便利なカードローンですが、カードローンは大別して2種類に分けることができます。銀行カードローンと、銀行以外の金融機関のカードローンです。銀行以外の金融機関は、消費者金融や信販会社などがあります。提供している金融機関が違っても、お金を何度も借りることができるというサービスに変わりはありません。ただ、違う部分も様々あるのでカードローンを利用する際は注意が必要です。銀行カードローンの大きな特徴は、低金利ということです。消費者金融や信販会社と比べると、金利が低いので、返済額も少ないので負担も軽くなるのです。ですから、なるべく経済的負担を抑えたいという場合は、銀行カードローンを利用したほうが良いです。

金利が低いというのは、カードローンを利用する人にとって、とても嬉しいメリットです。しかし、銀行カードローンは他の金融機関が提供しているカードローンよりも審査が厳しくなるので注意が必要です。消費者金融や信販会社の場合は、安定した収入を得ている人には、幅広く融資をするので、比較的審査も通りやすいです。それに対して、銀行カードローンの場合は、安定した収入があるだけではなく、生活にゆとりがあって、しっかりと返済できる方だけを対象としています。そのため、安定した収入があるだけでは、銀行カードローンを利用することはできないのです。このように、銀行カードローンの特徴を知っておくと、カードローンを検討するときに上手に選ぶことができます。